「イエス様の名による願い」

A. Godtube(ゴッドチューブ)
 インターネットで、懐かしいアニメの主題歌やTVコマーシャル、著名人のスピーチなど、およそどんな映像でも見られるサイト、Youtube(ユーチューブ)というものがあります。これをヒントに、Godtube(ゴッドチューブ www.godtube.com)がアメリカで立ち上がりました。若い人々がキリストの教えに関心を持つようにと、クリスチャンたちの映像を集めたものです。そこには、2才半の少女が、「主の祈り」を健気に歌う映像もありました。イエス様が教えられた「主の祈り」では、御心をなさせ給え、と祈ります。
 イエス様は、イエス様の名によって願うものは、与えられる、と教えられました。

B.聖書から
その日には、あなたがたはもはや、わたしに何も尋ねない。はっきり言っておく。あなたがたがわたしの名によって何かを父に願うならば、父はお与えになる。ヨハネによる16章23節
 弟子たちはイエス様の愛を知り、イエス様を心から慕い、敬うようになっていましたが、そのイエス様が取り去られる時が来ました。しかし、その悲しみの後、イエス様は復活され、弟子たちは二つの大きな恵みを与えられます。一つは、イエス様と共に生きる完全な喜びの人生、もう一つは、イエス様を通して神さまに求めるものは何でも与えられるというお恵みです。もちろん、神さまに願うものは、「わたしの名によって」と制限されます。最後には、常に「あなたのみ旨がなされますように」と祈るべきなのです。

C. ディズニーのようになりたかった…
 アメリカの子ども達に大人気の、野菜が歌って踊り、聖書物語を語るアニメ「ヴェジテールズ」を生んだのは、フィル・ヴィシャー氏です。フィルが立ち上げたビッグ・アイディア社は、創業から6年間急成長を続け、ピーク時の1999年には40億円の収益を上げました。フィルは、「自分の会社はディズニー社のように成長する。しかもそれは神のための会社なのだ」と意気込んでいました。そして多数のスタッフを雇い、多額の投資をして、ついにビッグ・アイディア社は全米で最大規模のアニメーション・スタジオに成長します。ヴェジテールズを通して、多くの家族を崩壊から守りたいと考えたフィルは、会社が大きくなればなるほど、自分の存在価値も大きくなっているように感じました。しかし、その後売り上げ予測は外れ、裁判で破産宣告を受け、会社は買収されました。創業から僅か10年でした。
 裁判が終わった頃、フィルのお母さんが聖書修養会からカセットテープを持ってきてくれました。そのテープでは「神が与えられた夢が実現した後、失敗に終わったとしたならば・・・神はあなたが実現した夢に頼るのではなく、神にだけ頼って生きられるかどうか、見ておられるのだ」と、講演者が語っていました。それを聞いて、フィルは、自分は社会に影響を与えることばかり追い求め、神の御心を求めていなかったのだと悟りました。2003年12月、フィルはディズニーランドのウォルト・ディズニーの銅像に向かって言いました。「あなたはあなたでいてください。わたしはわたしでいます」と。
 フィルは、利益全てをビッグ・アイディア社に投資していたので、シカゴ郊外の自宅以外、全てを失いました。それでも彼は、今までになく幸せだと言います。フィルは現在、親会社と契約し、ヴェジテールズの原作を書き続けながら、「ジェリーフィッシュ(くらげ)」という名の会社を起こし、子どものための、信仰的なビデオ製作を始めているのです。潮の流れに身を委ねるしかないくらげのように、神の御導きにお委ねしている彼の人生は、御心に従っているという喜びに満たされています。
 倒産する頃、いくら祈ってもフィルのディズニーへの野望はかなえられませんでしたが、主の名によって願い求めていること、即ち、子どもに聖書を伝えるビデオを製作したいという夢は今も続いています。

D.結び
 イエス様の名によって願い求めるものは、何でも与えられます。イエス様と共に生きる人生は、十分な喜びに満たされた人生なのです。                           御翼2008年7月号その3より

世界で活躍したクリスチャン HOME