「あなたがたに平和があるように」

A. 最も偉大なクリスチャン・リーダー

 「過去100年間で、最も偉大なクリスチャン・リーダー」「生涯で最良の経営コンサルタント」などと米国の企業家達に評価されてきたのはフレッド・スミス氏が、2007年に91歳で天に召されました。晩年には、人々が氏のベッドに集まり、知恵に耳を傾けていました。そのウィット(機知)とユーモアに満ちた真理の言葉、意欲を呼び起こすリーダーシップ、素晴らしい性格、信仰、忍耐力、家族への愛、友情、豊かさを人々は尊んでいたのです。
 魂が救われていたスミス氏が、平安に満たされていたのは、永遠の命が与えられていたからでした。

B.聖書より

  

その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。ヨハネによる福音書20章19節
 弟子たちが、イエス様に続いて次にユダヤ人に処刑されるのは自分たちかもしれない、と恐怖の中、戸に鍵をかけていたとき、イエス様が突然彼らの真ん中に現れました。イエス様が閉められた戸を通り抜けることができたのは、死なれる前の体とは異なった体に変えられ、死もなく、悲しみもない神の国の永遠の命にふさわしい体になられたことを意味します。神さまは、この世界とは全く異なる別の世界を創造しておられ、わたしたちも、イエス様に続いてそこに行くことが約束されています。
 「シャローム=平安があるように」の「平安」は、単に争いがないということや、内面的な平安を指すのではなく、「人間の最高の幸福を作りだすあらゆるよいものを神が備えてくださるように」という意味です。あらゆるよいものとは、魂が救われ(神と正しい関係にされる)、心も体も満ち足りている状態です。

C. 人に恵みを分け与えることを楽しむクリスチャン起業家フレッド・スミス氏

 フレッド・スミス氏は、自ら食品パッケージの会社を経営し、モービル石油、ブルドーザーのキャタピラーなどの大企業の経営コンサルタント、20社の役員を務めてきました。
 毎日4回の人工透析を受けながらも、それを問題としてではなく『人生の事実』と受け取り、アワーオブパワーでは次のように語っています。「・・・神は、困難を乗り越える力を最初から与えられない。乗り越えようと行動を始めると、必要なだけその都度、力を与えてくださるのだ。だから、わたしたちの責任は困難に向かい始めることであり、それに追従して神は力を与えられる。」
 また、スミス氏の信仰が成長したのは、いつも逆境の時でした。「順境の時に学んだことなど何一つない。誰もが落ち込む時はある。しかし、苦難の時には真剣に祈るから、信仰が成長するチャンスなのだ。人生の目的は、キリストと似た姿になることであり、そのために、試練の時はどうしても必要である。苦難に直面したら、神が罰しているのだなどと考えてはならない。それは訓練の時であり、次第に試練を感謝出来るようになる」と語っています。
 スミス氏の目標は、彼の講演を聞いて、人々が神さまの力を信頼して生きるようになることでした。自分を通して人々に神さまの力をもたらすのは最高の人生なのです。

スミス氏による人に分け与えることのできる5つの恵み
  1. 受け入れてあげる恵み
  2. 信頼してあげるという恵み
  3. 紹介してあげるという恵み
  4. 健全なユーモアという恵み
  5. 問題点を指摘してあげるという恵み

D.結び

 復活のイエス様は、この世の空間や時間に支配されず、永遠の命にふさわしい体を持って弟子たちに現れ、「平安あれ」と言われました。イエス様によって魂が救われ、永遠の命に希望をおいて、心も体も満ち足りた状態でいましょう。わたしたちは、イエス様の声、手、足となって平和を作り出すために、この世に遣わされているのです。
御翼2009年1月号その1より


  
世界で活躍したクリスチャン HOME