望みの錨 Anchor of Hope 2007年2月4日週報より)
 この世は、太陽がいつも輝いていたり、虹がかかっているものではない。この世は残酷で汚く、やっかいなところである。
 お前がどれだけタフであろうと、人生はお前を打ちのめそうとするだろう。
 大切なことは、どれだけ打ち返せるかではない。問題は、強烈なパンチを受ける力を持つことと、それでも前進し続けることである。
 どれだけ強く打たれても、前に進む、勝利とはそのようにして与えられるものなのだ。
  ―――映画「ロッキー・ファイナル」(日本では074月公開予定)で、
                          ロッキーが息子に語るセリフ
 Rocky (to his son): “Let me tell you something you already know. The world ain't all sunshine and rainbows. It's a very mean and nasty place. And I don't care how tough you are, it will beat you to your knees and keep you there permanently, if you let it. You, me, or nobody is gonna hit as hard as life. But it ain't about how hard you hit! It's about how hard you can get hit and keep moving forward! How much you can take and keep moving forward! That's how winning is done!
今週のメッセージからへ戻る
教会HP