望みの錨   2008年10月26日

 自由を支配していると感じる人や物に対して、はっきりとノーと言うべきときがある。「主は霊である。そして、主の霊のあるところには、自由がある」(コリント第二3:17)  まずあなたが人生において支配されているかもしれない事柄を挙げてみよう。

  • 依存性物質(アルコール、薬物、ニコチン)
  • 食べ物
  • 演じることに励む
  • 認めてもらおうと必死になる
  • 愛されようと必死になる
  • 受け入れてもらおうと必死になる
  • 欲望や目標にとらわれすぎている
  • お金のことが頭から離れない、あるいは操られている
  • 権力や地位をむやみに求める
  • 他人の問題や依存症に支配されている
  • 他人の意地悪な、あるいは異常な行動に支配されている
  • 恐怖に支配されている
  • 罪責感に支配されている

 次に挙げるのは、あなたが支配すべきものである。
時間、頭脳、からだ、エネルギー、信念、選択、お金、価値観、限度、財産、欲望、才能、愛
 このようなものをどう使うか、どう与えるかについて、自分以外の誰にも支配されるべきではない。
 ヘンリー・クラウド『神のシークレット』(地引網出版)

望みの錨   HOME