望みの錨   2008年11月16日

 神は聖書のどこにも、「なぜ(why?)」、「どこで(where?)」、「いつ(when?)」の三つの疑問に答えを与えるとは約束しておられない。
 しかし神は、「どのように(how?)」、あるいは、「何を(what?)」の質問には答えられる。これらの質問は、誠実に、神からの知恵と導きを求めているからである。
 「主よ、どのようにしてこの問題と取り組むべきでしょうか?」「どのようにすれば前向きに進んで行けるでしょうか?」「主よ、どうすればあなたがわたしのことをご存知でおられ、配慮しておられると信じられるでしょうか?」「どうすれば傷を栄光に変えることができるでしょうか?」「この痛みを通して、どのようにしてわたしがより良い人物になる手助けをしてくださるのでしょうか?」
 「何を(what?)」も、神が答えられる質問である。それは、「どのように(how?)」と同様、口論を引き起こすものではなく、謙遜に、誠実に神聖なる御導きを受け入れ、従う意志の表れなのだ。神は、しばしば天からの聖なる発想を与え、わたしたちを導いてくださることを約束しておられる。
  Robert H. Schuller, Hours of Power November 9 より

望みの錨   HOME