望みの錨 Anchor of Hope 2008年3月9日週報より)
             祈りから有効な結果を得るための10則
                           N・V・ピール『積極的考え方の力』(ダイヤモンド社)より
1. 聖霊の導きを受け入れ易くするため、毎日数分間、黙して、神を思う時間をとる
2. 次に、心に浮かぶものを何でも、簡単な普通の言葉を用いて神に語る。
3. 仕事に出掛ける時は、まず祈る。地下鉄で、バスで、机で、眼を閉じて外界を遮断し、神に心を集中して、一分間の祈りをする。日々これを行なえば行なうほど、神を身近に感じることになる。
4. 疑問を持つ代りに、神の祝福が与えられつつあることを確信して祈る。そして祈りの間中、神に感謝を送る。
5. 真心のこもった祈りは、愛する人を神の保護をもって包むものであることを信じて祈る。
6. 祈りには消極的な考えを用いない。積極的な考えのみが効果をあげる。
7. 常にすすんで神の意志を受け入れることを表明する。神の与えるものの方が、自分の欲するものより、より良い 。
8. 何事も神の御手におくという態度をとる。最善を尽くして、結果は神に委ねること。
9. 嫌いな人、あなたを冷遇した人のために祈る。怨恨(えんこん)は信仰の力を封鎖する第一の障害である。
10. るべき人のリストを作る。他の人のために、特に関係のない人のために祈りなさいそうすればするほど、祈りによる報いは得られる。
今週の週報より   HOME
こちらのメッセージは、「御翼」からです。