望みの錨 Anchor of Hope 2008年7月27日週報より)
JCM(ジャパン・クリエイティブ・ミニストリー)の活動 
                     代表: 藤田 桂子
1. 子どもや中高生を救いに導き、成長のための学びを行う。
                                (キャンプ、特別集会、学び会)
2. 子どもや中高生を救いに導き、弟子としていくために、彼らの教師、スタッフを訓練する。(マタイ28:19)JCMは教師やスタッフのために学びや訓練会を行い、効果的に働けるように助けます。
3.
十代の子どもたちが、性的罪を避け、結婚を尊ぶ生き方をするように助ける。
「神のみこころは、あなたがたが聖くなることです。・・・自分のからだを、聖く、また尊く保ち、・・・兄弟を踏みつけたり、欺いたりしないことです」(テサロニケ第一4:3〜6)
  人を創造し、いのちを与え、愛されている神さまの存在を知らなければ、自分自身を受け入れ、性的な罪から勝利することはできません。JCMは、聖書から、神さまのみこころを教え、結婚までは「ノーセックス」という教育を勧め、子どもたちを性的罪から守り、自分を聖く保ち、神さまのみこころの中で結婚を持ち望むことを願っています。そのために、教会の教師、スタッフ、保護者向けのセミナー、中高生向けのセミナーも行っています。 また、十代の性の問題は日本にとっても危機的な問題であり、公立や私立の学校やコミュニティーの中での講演会なども行っています。必要がありましたら、お気軽にご連絡ください。※時間は、教会や学校に会わせて、調整出来ます。
4.
障がいを持った子どもたちと親の支援とその受け皿である教会を強めること。
                                 (ルカ14:21)

今週の週報   教会HOME