望みの錨

母親の遺言  (ジョン・D・ロックフェラー)

  1. 実の親以上に、神様に仕えなさい。
  2. 神様の次に、牧師に仕えなさい。
  3. 右のポケットには、常に十分の一献金を用意していなさい。
  4. 誰であっても、敵はつくらない。
  5. 礼拝をささげる時には、いつも一番前の席に座りなさい。
  6. 朝はいつも、その日の目標を立て、神様の御前で祈りをささげなさい。
  7. 寝る前には、必ず一日を悔い改める祈りをささげなさい。
  8. 他人を助ける力がある時は、精いっぱい助けなさい。
  9. 日曜日の礼拝は必ず、所属している教会でささげなさい。
  10. 朝、目覚めた時に、まず神様のみことばを読みなさい。

        イ・チェユン『ロックフェラーが知っていた「もうけ方」』(小牧者出版)より 

HOME      望みの錨