2009年6月14日

 精神科の臨床、ホスピスのケアから実際に学んだことなのですが、人間関係をよくするための、良き人生を送るための三つのキーワードは、「ありがとう」と「ごくろうさま」と「ごめんなさい」です。
 「ありがとう」というのは感謝の言葉だし、「ごくろうさま」というのはねぎらいの言葉、「ごめんなさい」というのは謝罪の言葉ですね。
 この三つの言葉は、本当に良い夫婦関係、良い人間関係が保たれるキーワードだと思います。これを上手に心から使えたら、人間関係というのはうまくいくと思うんです。
 (コロサイ3:15 「また、キリストの平和があなたがたの心を支配するようにしなさい。この平和にあずからせるために、あなたがたは招かれて一つの体とされたのです。いつも感謝していなさい。」)
     柏木哲夫・柏木道子『育てるいのち 看取るいのち』  (いのちのことば社)より

バックナンバーはこちら HOME