2009年7月19日

教会に属していない人々を教会に入れるために、牧師は、どのような説教をしたらよいのか。

  1. 聞き手を責めない。

  2.  人の魂は、他人から自分の過去の過ちを指摘されなくとも、その罪深さは理解している。この罪の観念が、彼らを教会から遠ざけているのだ。イエス様は偽善者を叱られたが、罪に沈む人々を責めなかった。                
  3. すべてのメッセージが、聴衆の積極的感情を刺激するようにする。

  4.  積極的感情とは、愛、喜び、平和、親切、柔和、善、信仰、希望、ユーモア、熱望、信頼、尊敬、自信、熱心、大志、勇気、楽観主義などである(ガラテヤ5:22参照)。否定的感情―恐れ、疑い、怒り、偏見、悲しみ、失望、自己嫌悪、厭世主義(世の中をいやなものと思うこと)―をはたらかせてはならない。
  5. メッセージに良い例話を用いる。

  6.  礼拝でのメッセージは、説教するのではなく、神の御業を証しすべきものである。その意味で、実話を用いることは必要不可欠なのだ。
  7. どのようなメッセージも、ある特別な人間の問題に狙いを定める。

  8.  成功の秘訣は、傷を見出し、それをいやすことである。
    (使徒 20:35 あなたがたもこのように働いて弱い者を助けるように」)
    「傷ついた心に向かって説教しなさい。そうすればあなたは、いつでも時代の最先端を行くであろう」 リチャード・バックスター(17世紀の神学者)
  9. 常に人々をイエス・キリストへ導く。

  10.  日本にいる宣教師が、シューラー博士に次のように語った。「ここにいる人々は、ほんとうにイエス・キリストに興味を持っています。けれども、キリスト教については聞こうとはしません」と。  このキリストに従えば、どれだけ素晴らしい人間になれるかを伝えることが大切である。
     ロバート・シューラー著/佐藤陽二訳『あなたの教会は必ず成長する』(聖文舎)より

バックナンバーはこちら HOME