2009年8月23日

二つのJ

 われにうるわしき名二つあり。二者ともにJをもって始まる。イエス(Jesus)なり、日本(Japan)なり。われはこれを称して二つのJ(two Js)という。
 われの宗教はこの二者を離れて存在せず。イエスのためなり、日本のためなり。イエスの栄光をあらわさんため、日本の名誉を傷つけざらんためなり。
 わが夏期講談会もこれら二つの美しき名のために開かれしなり。われらはこれよりおのおの家に帰らんと欲す。されどもわれらは大重任を負わずしてはここを去らじ。
 イエスのため、日本のため。イエスのために不義におちいるなかれ。日本のために外国宣教師の補助を受くるなかれ。日本を救うに日本人の力をもってせよ。二つのJを忘るなかれ。
(第二回夏期講談会において) 
内村鑑三 1901年8月 『聖書之研究』

バックナンバーはこちら HOME