2009年9月27日

計画の愚

 

                                         内村鑑三          
 世に用なき者にして人の計画の如きはあらず、それは是れ一つも成る者にあらざればなり、
 成る者は神の計画なり、地の基礎(いしづえ)の置かれし前に定められし神の計画なり、人の計画は成て敗れ、神の計画は敗れて成る、故に賢き人は計画を立てず、単(ひと)へに神の聖旨(みこころ)を知らんと欲す、
 愚かなる者は計画に満ち、自ら神に代て世を済度(さいど¬:法を説いて人々を迷いから解放し悟りを開かせること)せんと欲す、策士(さくし:策略にたくみな人)是れ愚人なり、
 其政治家なると宗教家なるとは余輩の問ふ所にあらざるなり。
                        明治42年3月10日『聖書之研究』107号より

バックナンバーはこちら HOME