2010年12月12日

 

感謝についての4つの項目

  1. 神に感謝すると、自分は偶然にではなく、神聖なる選びによって存在していると認識できる。
    マタイ25:34「…天地創造の時からお前たちのために用意されている国を受け継ぎなさい。」
  2. 必要なものは全て恵み深い神がくださるのだから、今持っていないことで悩まされない。
    テモテ第一6:6「…信心があって足ることを知るのは、大きな利得である。」(口語訳)
  3. どんなときも、感謝できることは充分に残されている。
    テサロニケ第一5:18「どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。」
    コリント第二4:17 「わたしたちの一時の軽い艱難は、比べものにならないほど重みのある永遠の栄光をもたらしてくれます。」
  4. 感謝そのものが神への献げものである。
    イザヤ書1:11「お前たちのささげる多くのいけにえがわたしにとって何になろうか、と主は言われる。雄羊や肥えた獣の脂肪の献げ物にわたしは飽いた。雄牛、小羊、雄山羊の血をわたしは喜ばない。」

バックナンバーはこちら HOME