2010年12月5日

 

商売成功の秘訣 1909(明治42)年1月 内村鑑三全集16より抜粋

 商売成功の秘訣とて別にありません、すべての高貴なる事業の成功の秘訣と少しも異なりません、誠実に之を実行することであります、即ち成功を度外視して商売に従事する事であります、爾(そ)うすれば成功するものならば真正に成功します、失敗しまするものならば立派に失敗します、成功必しも名誉ではありません、失敗必しも恥辱ではありません、卑しき手段を以て為したる成功は恥辱であります、潔き手段を以て取つたる失敗は名誉であります。
 世には金を溜めんと欲する人が饒多(あまた)あります、然し是れ望んで出来ない事であります、金を溜めんと欲して金は溜まる者ではありません、金が若(も)し溜まりまするならば自然に溜まるものであります、溜める金は無理に溜める金であります、それは溜めたのでなくつて盗んだのであります、金を溜めたとは申すものゝ実は災害を我と我家とに積んだのであります。
 之に反して溜まつた金は自然に溜まつた金であります、為すべき事を為して溜つた金であります、之れは正直なる労働の報酬として天が降したものであります、故に感謝して受くべきもの、又受けて何の危険もないものであります、今の人の大抵は商売は戦争の一種であるやうに思ひ、機に乗じて計略を運らし、狡猾(こす)く、機敏(すばしこ)く出でなければ成功は望めないやうに思ふて居ります、然し是れ大なる間違であります、商売は正業であります、戦争ではありません、戦争は他を殪(たお)して成功するものであります、然し商売はすべて他の正業と同じく他を益して己も益する者であります、
 商売成功の秘訣は志士仁人の心を以て此業に従事する事であります、米国の大統領リンコルンの申しましたやうに「何人に対しても敵意を挾(はさ)むことなく万人に対して善意を懐(いだ)いて」 此正業に従事する事であります、それで成功が来ないものならば成功を求めません、然しそれで成功の来ない筈は無いと信じます、

バックナンバーはこちら HOME