2010年6月13日

 

聖書の神を知ることで、
生きる意味を知ることが出来ます。
神からの愛を知ることが出来ます。
自分に自信がつきます。
自立して生きることが出来ます。
感謝して生きることが出来ます。
何が起こってもポジティブに考えられるようになります。
どんな環境でも、生きる勇気を与えられます。
自分以外の人に目を向けられるようになります。
社会が作り出した流行や価値観、いわゆる虚像に惑わされなくなります。
反対に世間で価値のないと言われているものが、本当は価値あるものではないかと
考えるようになります。
生き生きした生活を送ることが出来るようになります。
住み心地が良く仕事がしやすい環境にいることが、人生の目標にはならなくなります。
この世の中での自分の役割が分かるようになります。
イエス・キリストがなぜ、意味を持つお方なのかが分かるようになります。
成長したいと思うようになります。
物事に意味や価値を見出す知恵を持つことが出来るようになります。
永遠の命の意味が分かるようになります。
グローイングとエイジングの違いが分かるようになります。
楽しさを追い求める人生よりも、もっと満ち足りた人生があることが分かります。
「いつも悔い改めなさい」の意味が分かるようになります。
何を一番大切にしなければならないかが分かるようになります。
後に続く人達に残したいものが出てきます。
人のために祈る意味が分かるようになります。
他の人に利益になる種を蒔くようになります。
人と協力して生きたいと思うようになります。
起こることに意味があることを知り、最終的に人生の目的を見出します。
シンプルに生きることが出来るようになります。
プロセスの時を大事にすることによって、徐々に扉が開き分かってきます。
神と共に生きる意味が分かります。
良いものは悪いものと一緒にやってくる意味が分かるようになります。
深く物事を考えられるようになります。
客観的、立体的に物事を考えられるようになります。
広い心を持つことが出来るようになります。
すべてが与えられていることに気づきます。
「心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」
(マタイの福音書 22章37節)という御言葉の意味が分かるようになります。
長田パンピガル和子『人生を建て直すバイブルの品性』(イーグレープ)より

バックナンバーはこちら HOME