2010年6月6日

 

あなたが信じている神は、あなたの事をどれだけ信頼しているだろうか。

  • どんな項目について信用しているか。
    金銭的な事で信頼されているだろうか。天の父なる神は、創造の宝(自然界)を、人類が管理するように、明け渡された。創世記1:26「神は言われた。『我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。』」
  • どれほど自由を与えているか。
    信頼の度合いは、どれだけの自由が与えられているかで量れる。神は人(アダムとイブ)に自由意志を与えられた。神を信じることも出来れば、無神論者となる自由さえ与えられた。「肯定」は「否定」できる自由がなければ無意味である。神はここで大きなリスクを負われた。
  • どんな責任を与えてくれるか。
    小さなものか、大きなものか、容易なものか、不可能なものか。短期間のものか、長期に渡るものか。
  • あなたに対して誠実であるか。
    必要な時には、勧告してくれるだろうか。あなたを支援してくれるだろうか。あなたが失敗しても、側にいてくれるだろうか。
  • しばしば連絡してくれるだろうか。
    人や状況を通して、あなたを励まし力づけ、確信を持たせ、訓戒するだろうか。
  • あなたを育て上げるだろうか。
    チャレンジを与えてくれているだろうか。人間的に成長するために、問題に直面させ、成長するための苦しみにあうことを許されるだろうか。ヘブル12:7「神は、あなたがたを子として取り扱っておられます。いったい、父から鍛えられない子があるでしょうか。」
  • 時間をとって話を聞いてくれるだろうか
    。返事をしてくださるだろうか。どんな時でも、どこにいてもコンタクトでき、話を聞いてくれるだろうか。
  • あなたと「栄光」を共有する(分け与える)だろうか。
    真の神はそうされる。神は私たちが創造し続けるように期待される。創造の業に携わっていると、栄光を感じる。美しいものを創造している時ほど、栄光を感じる。
  • あなたを支持するために、忠誠を尽くしてくれるだろうか。
    真の神は、そうされる。キリストが十字架で捧げた犠牲がそれを証明している。
    ヨハネ15:13「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。」
  • あなたが最悪の状態の時でも、愛してくれるだろうか。

  • Robert H. Schuller, Believe in the God Who Believes in You より

    バックナンバーはこちら HOME