2011年4月3日

 以下は、3月28日放送されたNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で紹介された、「勇気をくれた言葉」である。

求めていなければ、授からない
批評家になるな いつも批判される側にいろ
自分のためでなく 他人(ひと)のために働け

 これらは、イエス様が山上の説教の中で教えられたものばかりである(「求めなさい。そうすれば、与えられる」マタイ7:7、「人を裁くな」マタイ7:1、「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」マタイ7:12)。そして、番組の最後では、クリスチャン看護師の言葉が引用されていた。「ひとは、たとえ、地の底に立たされても はい上がる力を持っている 必ず、希望を見つけられる。」(田村恵子)
 イエス様の言葉は、いつでも人に勇気と希望を与えるものであり、それらの希望を宣べ伝え、また実現するために、私たちはこの世に遣わされているのである。

バックナンバーはこちら HOME