2011年7月24日

キリストに倣う者が目標とすべき姿

  1. 他の人の衣食住の問題を解決する人となる。
    マタイ25:35〜36「お前たちは、わたしが飢えていたときに食べさせ、のどが渇いていたときに飲ませ、旅をしていたときに宿を貸し、裸のときに着せ、病気のときに見舞い、牢にいたときに訪ねてくれたからだ。」
  2. 安全や平安をもたらす人となる。
    マタイ5:9「平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。」
  3. 他人が神を見出せるように配慮する人となる。
     フィリピ1:6「あなたがたの中で善い業を始められた方が、キリスト・イエスの日までに、その業を成し遂げてくださると、わたしは確信しています。」
  4. 他人の気持ちを理解し、助ける人となる。
    使徒言行録20:35 「あなたがたもこのように働いて弱い者を助けるように、また、主イエス御自身が『受けるよりは与える方が幸いである』と言われた言葉を思い出すようにと、わたしはいつも身をもって示してきました。」
  5. 家族と友人を大切にする人となる。
    テモテ第一5:8「自分の親族、特に家族の世話をしない者がいれば、その者は信仰を捨てたことになり、信者でない人にも劣っています。」

バックナンバーはこちら HOME