2011年8月14日

祈りは、神が私たちに与えてくださった賜物であり、特権です。 祈りは私たちが神の子どもであり、 イエスの弟子であることを証明してくれるしるしです。


祈りによっていつも神に会い、神とともに歩んでください。 私たちが祈るなら、神は私たちと会ってくださいます。 神はみこころを示してくださいます。 ですから、祈りをささげるその場所が神の宮となり、天国となるのです。


親を完全に信頼する子どものように 神を信頼して最後まで耐え忍んで祈ると、 私たちの人生に神の御業が現れるのです。 私たちが祈れば、神が動かれます。 私たちが祈れば、神が私たちを動かされます。


どう祈ってよいかわからないなら、 「イエス様、祈りを教えてください」と祈ってみてください。 イエスは、祈りに関して多くの手本を示され、約束を与えてくださいました。(ルカ11:2〜4) 生涯、祈りの力を経験する日々を過ごされ、 イエスとともに歩む幸せな祈りの人となられますようにお祈りします。


ハ・ヨンジョ『祈り 天のとびらを開く』(Duranno)より抜粋

バックナンバーはこちら HOME