2012年10月14日 望みの錨

クリスチャンとしての信条に、矛盾しない仕事を見つけるためのステップ

箴言3:5〜6「(5)心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず(6)常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば/主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる。」

  1. それは可能だと信じる
    信仰を活かせる職業を神が備えておられると信じよう。イエス様に従いながら、同時に職業で成功を修めることは可能なのだ。
  2. 目標をはっきりさせる
    会社の面接担当者は、会社を発展させるための具体的なビジョン(目標)を持つ人を求めている。新しいソフトウェアを開発したい、最初の女性特派員になりたい、新しい販売地域を開発したいなど、明確な目標を提示する。
  3. 信仰的な筋を曲げない
    フランクリン氏は、映画監督見習いの仕事の面接で、「安息日には仕事をしません」とはっきり言った。驚くことに、面接者の答えは、「まったく問題ありません」だったという。神が供えられた仕事ならば、与えられるのだ。
  4. 行動をもって信仰を示す
  5. 立ち去る勇気を持つ
    信仰を妥協して得る立場など価値がない。仕事が信条に合わなければ、それを断ろう。神は他により良い機会を備えておられる。
           

DeVon Franklin, Produced by Faithより

バックナンバーはこちら HOME