2012年3月11日

 聖書は、宗教ではなく信仰について書いた書物です。宗教と信仰は、一見似ていますが、まったく異なるものです。宗教と信仰を簡単に分けるとすれば、宗教は人を束縛するものであり、信仰は人を自由にするものです(ヨハネ8:32「真理はあなたたちを自由にする。」)。
 信仰とは、次の点を受け止められるかです。

  • 人は、それぞれ目的を持って神によって創造された
    (創世記1:26 「神は言われた。『我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。』」)
  • 人は、神に似せて創られた最高傑作
  • 人は、神から愛されている

 一般に想像される成功像は「ブランドもので身をつつみ、豪邸に住み、高級車を乗り回し、世界中を自由に旅して…」と考えられがちです。しかし、聖書の成功者像には、「豪邸や高級車を持っていること」「自由に旅をする」という類(たぐ)いのものは含まれていません。なぜなら、それは真の成功とは無関係だからです。  
 聖書の成功者とは、その人が神(キリスト)に似たものとなること、つまり最高のステイタスになることです。聖書ではこのような人々を「神の国を受け継ぐ者」(エペソ1:11)と紹介しています。
   松島 修『聖書に隠された成功法則』(サンマーク出版)より

バックナンバーはこちら HOME