2013年12月22日 望みの錨

@ クリスマスが特別な理由 一、神が地上に来られた。
イエスは偉大な人・預言者であるという人がいる。しかし、聖書では繰り返し、イエスは神であったの宣言している。

A クリスマスが特別な理由 二、神が人となられた。
 神の子イエスは、私たちと同じように心の痛みを感、孤独感にも襲われ、悲しみ、泣く人間だった。だからこそ、人の痛み、苦しみ、問題を感じ、理解されるお方なのだ。

B クリスマスが特別な理由 三、イエス・キリストは、死ぬために来られた。
フィリピ二章八節 へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。
 イエス様は、自ら十字架の死を選び、私たちのために命を捧げた。それには二つの理由があったと聖書に記されている。(1)神の愛を現わすため(ローマ 五・八)。(2)私たちの罪の代価を支払うためであった(第一ペトロ 二・二四)。

Cクリスマスが特別な理由 四、イエスは主であると告白する。
フィリピ2章9〜11節(九)このため、神はキリストを高く上げ、あらゆる名にまさる名をお与えになりました。(十)こうして、天上のもの、地上のもの、地下のものがすべて、イエスの御名にひざまずき、(十一)すべての舌が、「イエス・キリストは主である」と公に宣べて、父である神をたたえるのです。
 「主」とはどんな意味があるのだろうか。ギリシャ語で「主」とは、「主君」「支配者」「中心人物」「統治者」「王」などの意味がある。「イエスは主である」と言う時、私たちはイエスが真に神であり、すべてを手中に収めておられると信じることである。

バックナンバーはこちら HOME