2013年7月7日 望みの錨

御声を聞く祈りの基本的なガイドライン

  1. あなたが神と心を通わせる意志の象徴として、短い、聖なる言葉を選びましょう。
  2. 楽な姿勢で座り、目を閉じて、少しの間、身を落ち着かせ、祈りの時間の初めに、静かに聖なる言葉を取り入れましょう。
  3. 思考や感情やイメージが祈りの時間の妨げになる時は、ゆっくりと、聖なる言葉に立ち戻りましょう。
  4. 祈りの時間を終える時も、目を閉じ、数分間、静まる時間を保ちましょう。

以上のやり方を数週間試してみましょう。神により近づけたかどうか、あなたの人生に変化があるか確かめましょう!
「アパ・ルーム2013年7・8月号」の「祈りの研修室」より

バックナンバーはこちら HOME