2014年3月2日 望みの錨

もしあなたが、自分自身にそれをすることを強制する力をもっているならば、それはあなたにとっても効果があるはずである。つぎの言葉を大きな声でくり返しなさい。
ここはこの本のなかでもっとも重要な個所のひとつである。あなたは自分が偽善者とかうそつきであるかのように感じるかもしれない。だが読みなさい―大きな声で―そしてなんどもなんどもくり返しなさい―もっと大きな声で―これらの力強い言葉を。

  私は偉大なことができる。
  私は自分の内部深くに偉大な可能性をもっている。
  私はいまだ生まれていない可能性をもっている。
  私は神が私の心に宿るとき、ほんとうにすばらしい人間になる。
  私は今までは、あまりにも自己批判的すぎた。
  私は今までは、自分自身の最悪の敵であった。
  私は神の子だ。神は私を愛している。
  私は、私を力づけてくれるキリストのおかげで、あらゆることをすることができる。
(フィリピ4:13)

 あなたがしなければならないことは、できないという考え方の催眠的な力からあなた自身を目覚めさすのに必要なだけ、それを深く信じ、長く試み、大きな声でそれを唱えることである。
  ロバート・H・シュラー『積極的な考え方で成功する』
(産業能率短期大学出版部)より

バックナンバーはこちら HOME