2014年5月4日 望みの錨

ハウの原点はフウにあり
 「百貨店王・ワナメーカー」の名前は、日本でも有名である。「石油王・ロックフェラー」や「ホテル王・ヒルトン」と並んで、アメリカの最も成功したビジネスマンの一人として、サクセス・ストーリーに必ず紹介される人物である。だが、ロックフェラーやヒルトン同様、ワナメーカーもクリスチャンであり、「聖書を土台にして人生を築いた人」であることは、あまり知られていない。しかも彼らが抜きん出て成功した秘訣は、「聖書の言葉を文字通りビジネスに適用した」という単純な真実を知る人は、ほとんどいない。

 日本人は外国から良いものを輸入して、それを活用することにおいては天才的な能力を持っている。けれどもほとんどの場合、それはあくまでもハウ(how方法・テクニック)の活用に限られ、どのようにハウが生み出されたのかの「原点」までは探ろうとはしない。だから、あの手この手の方法を追いかけているうちに、自分自身を見失ってしまうことが多いのである。成功の方法(ハウ)は、自然に生まれたのではなく、必ずそれを作り出して成功した人物(whoフウ)がいる。「どのような人物(フウ)が、どのようにして、成功する方法(ハウ)を作り出したのか?」これを知ることこそが、最も意味あることであり、最も感動することであり、最も影響力を持つことである。…ワナメーカーという「人物を造った方」、そして彼が人生の土台とした「聖書を造った方」は、万物の創造主なる神である。すべての方法(ハウ)の「究極の原点」は、万物の創造主・全知全能の神(フウ)なのであり、神の言葉である聖書なのである。

神の最大の関心は、人間を救って「神の人」にすることであり、「神の人」を造り上げて、「神の使命」を実現させることである。万物の創造主が造り上げる「神の人」のいくつかの特徴を、ワナメーカーに見ることができる。
@神の言葉である聖書を信じ、いつも生き生きとしている。
A小さなことに忠実であり、どんな仕事にも努力を惜しまない。(マタイ25:21)
B相手を心から愛し、相手に誠実に仕えている。(ペトロ第一4:10)
C常に新しい発想が浮かび、何事にもクリエイティブである。
Dとてつもなく壮大なビジョンを持っている。
E困難に立ち向かう大胆なチャレンジ精神にあふれている。
Fいかなる障害をも粘り強く乗り越えていく忍耐力がある。(へブル12:7)
 これらは創造主が持っている特質であり、聖書の言葉そのものでもある。

今、ワナメーカーのような人物が日本に十人現れたら、日本だけでなく世界が大きく変わるに違いない。       佐々木 満男(国際弁護士)
 ジョン・クゥアン『世界初、史上最大の百貨店王 ジョン・ワナメーカー』(小牧者出版)より

バックナンバーはこちら HOME