2014年6月1日 望みの錨

潜在意識の力

  

ノーマン・V・ピール『積極的生活の技術』(ダイヤモンド社)より
 大多数の人は、自分自身の個性のなかに潜在する力を利用していない。あなたのなかには力の巨大な貯蔵所が存在しているのである。潜在意識の力である。信仰がこの力を解放する。すると、あなたの敗北を乗り越えるのに十二分な精神的、感情的、霊的力が出現する。
 神は無限の力をもって潜在意識を支配しておられる。この内にある力、すなわちあなたの内にある神の力は、非常に巨大なのだから、どんな緊張の下でも、どんな危機に際しても、まさかと思われるようなめざましい働きをすることができる。
 あなたの内部にこそ力の巨大な貯蔵所があるということを、あなた自身に納得させることは非常に重要なことである。しかしそれは神の力であり、霊的にそしてキリストの掟と調和を保って用いられねばならない。この力は、神への信仰を実行することと、神の意志に対してあなたの生活を謙虚に健全な状態にすることによって引き出される。
このような人にとっては、人生の「不可能事」も、少しも不可能ではないことを確信することができよう。「人にはできないことも、神にはできる」(ルカ18章27節)と聖書が指摘しているように。あなたは、霊的な力の存在を知り、そのお守りのもとに暮らす時には、この世で最も驚くべき発見を経験するだろう。あなたの内にある神の力によって、人生に成功する十分な能力があなたにも備わっていることがわかるだろう。

可能発想の定義
可能発想とは、自分の描いた目標が、下記の三つを満たすものであれば、必ず実現の方法があると信じ、創造的な解決策を発想することである。
三つの質問
(1)それは神の御前で偉大なことであるか。(Would it be a great thing to do for God?)
(2)それは傷ついている人々を助けるか。(Would it help people who are hurting?)
「…弱い者を助けなければならないこと、また『受けるよりは与える方が、さいわいである』と言われた主イエスの言葉を記憶しているべき…」。 使徒20:35 
(3)それはまだ誰もやっていないことであるか。(Is anybody else doing anything about it?)
   「わたしたちは与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っている」ローマ12:6

バックナンバーはこちら HOME