2014年8月3日 望みの錨

人間がもつことができる神の性質(本質、品性、人格)

愛  「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。」(ヨハネ3:16)
義  「主は真実の神で、偽りがなく、正しい方、直ぐな方である」(申命記32:4)
聖  「あなたがたの神、主であるわたしが聖である…」(レビ19:2)
真実 「神は人間ではなく、偽りを言うことがない。」(民数記23:19)
あわれみ「主は、あわれみ深く、情け深い。」(詩篇103:8)
忍耐 「主は、…あなたがたに対して忍耐深くあられるのであって、…すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです」(Uペテロ3:9)
赦し 「あなたは赦しの神であり…」(ネへミヤ9:17)
謙遜 「あなたの謙遜は、私を大きくされます」(詩篇18:35)
知恵 「主は永遠の神、地の果てまで創造された方。…その英知は測り知れない」(イザヤ40:28)
励まし「忍耐と励ましの神…」(ローマ15:5)
平和 「平和の神…」(ピリピ4:9)
望み 「望みの神…」(ローマ15:13)
祝福 「祝福に満ちた神…」(Iテモテ1:11)
喜び 「主は高らかに歌ってあなたのことを喜ばれる」(ゼパニヤ3:17)
熱心 「万軍の主の熱心がこれを成し遂げる」(イザヤ9:7)

朴 永基『教える喜びと学ぶ喜び―みことばが築く信仰の土台』
(いのちのことば社)より

バックナンバーはこちら HOME