2014年9月14日 望みの錨

熱意(enthusiasm)−あなたはそれが必要だ、それを育てなさい

 熱意とはいったいなんであろうか?この山をも崩す力をあなたはどう説明するだろうか?どのようにしたらそれを身につけることができるだろうか?
 この言葉はenとTheosという二つのギリシャ語から来ている。文字どおりこれを訳すならば、それは「神のなかに」という意味である。われわれはこのような人々のことを神の霊に感じた人といっている。神の霊に鼓舞された人々である。あなたの人生を神の霊で満たしなさい。そうすればそこからあらゆる種類の力がほとばしるはずである。古代ヘブライの預言者の言葉をかりれば、「神の熱意がそれを完成したまう」のである。(イザヤ書 9:6 ダビデの王座とその王国に権威は増し/平和は絶えることがない。王国は正義と恵みの業によって/今もそしてとこしえに、立てられ支えられる。万軍の主の熱意がこれを成し遂げる。)
 あなたの人生を幸福な積極的な信仰で養いなさい。そうすればあなたは次のことを発見するはずである。                         
l 偉大な機会を見つける。
2 すばらしい解決策を見いだす。
3 不可能な障害を克服する。
4 神があなたのために用意された意外な贈りものを手にする。
5 日光があらわれるまで暗い雲をおしのける。
 それが熱意なのである。どうしたらあなたはそれを身につけることができるだろうか? どうしたらそれを育てることができるだろうか? 積極的な心がまえでもってあなたの心を満たすことによってである。(テモテ第二1:7 神は、おくびょうの霊ではなく、力と愛と思慮分別の霊をわたしたちにくださったのです。) 
ロバート・H・シューラー『あなはた思いどおりの人になれる』
(産業大学出版部刊)より

バックナンバーはこちら HOME