2015年5月3日 望みの錨

I’m not what I do.        私の価値は、行いでは決まらない。
I’m not what I have.       何を所有するかでは決まらない。
I’m not what people say about me. 私の価値は、人が私について何を言うかでは決まらない。
I am the beloved of God.     私は神に愛されている存在である。
It’s who I am.          私が何であるかが大切なのだ。
No one can take it from me.  それは誰も私から奪うことができない。
I don’t have to worry.  私は心配する必要はない。
I don’t have to hurry.  私はあわてる必要はない。
I can trust my friend Jesus  友なるイエスを信じ、その愛を
And share His love with the world.世界で分かち合うことができる。
Written by Bobby Schuller (シューラー三世)

感謝についての5つの項目
1.神への感謝は、自分が選ばれた存在であり、偶然の産物ではないと認識することである。(詩編139:13〜14)
2.どんな時にも感謝出来ることが残されている。(フィリピ4:6〜7)
3.神の恵みに感謝する時、自分を聖なるものとして神に捧げる気持ちが生まれる。(ペトロ第一4:10)
4.感謝すれば、今持っていないことで悩まされることはない。必要なものは全て恵み深い神がくださると知るからである。(テモテ 第一6:6)
5.感謝そのものが神への捧げ物、贈り物となる  

バックナンバーはこちら HOME