2015年8月23日 望みの錨

 

心配性を克服する七カ条

  1. 「心配性は非常に悪い心の習慣だ。私は神の助けによって、どんな習慣も変えることができる」と自分に言って聞かせなさい。
  2. 「私は、この日、私の生命、私の愛する者、私の仕事を主の御手にゆだねます。主の御手にはどんな危害も及びません。あるのは善のみです。何が起ころうとも、どのようになろうとも、私が主の御手の中にあるなら、それは神の意思であり、それは善です」と祈りなさい。
  3. (「神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。」ローマ8:28)
  4.  これまでネガティブに話していた事柄について、今後は積極的に語りなさい。「今日は嫌な日になりそうだ」と言う代わりに、「今日は良い日になるだろう」と断言しなさい。「私はそれができない」と言う代わりに、「神の助けによって私はそれをしよう」と断言しなさい。
  5.  あなたが心配性である一つの理由は、心が憂いや敗北感、陰鬱な思いに文字どおり染まっているためだ。これに対抗するには、信仰、希望、幸福、栄光、輝きについて語っている聖書の言葉にしるしをつけなさい。その一つ一つを記憶しなさい。そして、これらの思いが潜在意識に染みわたるまで繰り返し声に出しなさい。そうすれば潜在意識は、あなたの与えたもの、つまり不安ではなく楽観をあなたに返すだろう。
  6.  希望に満ちた人々との交友を求めなさい。積極的で信じる思いにあふれた、創造的な雰囲気を持った友人で、あなたのまわりを囲みなさい。
  7.  あなたは、ほかの人を助け、彼らを心配性から解放させることができると知りなさい。そうすることによって、あなたは自分の中に、それにまさるより大いなる力を得ることができる。
  8.  日々の生活において、イエス・キリストが同伴者となって生きていると信じなさい。イエスが実際に寄り添って歩まれるとしたら、あなたは気がもめたり心配したりするだろうか。「イエスが私と共におられる」と自分に言って聞かせなさい。(「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」マタイ28:20)
 ノーマン・V・ピール『積極的考え方の力』(ダイヤモンド社)より

バックナンバーはこちら HOME