2016年11月27日 望みの錨

 

自分の価値を見出す

   
 自分の価値を見出すため、あなたの内部に秘められている可能性を捜し、とらえなさい
(1)人々はあなたの外観よりも人格にもっと関心をもっているのだ。あなたは外観を変えることはできないが、人格を変えることはできる。
(2) 「私を力づけてくださるキリストのおかげで、私はどんなことでもすることができる」(ピリピ4:13)という力強い、聖なる断言で自分自身を変えなさい。
(3)あなたの過去を憎んではいけない。あなたがどこに生まれ、どんな言葉を話そうとも、神はあなたをほかとちがった、特色のある人間になさりたかったために造られたのである。神は自分の創造したものがお好きなはずだ。あなただってそうだろう。
(4)毎週、なにか自分の心を伸ばすものを読みなさい。自分の知識と、自分の他人や物事に対する理解を改善しなさい。自分の関心を拡大しつづけなさい。成長しつづけるのをやめる決心をするまでは、あなたは老人にはならない。
(5)なにかに秀でることを試みなさい。たとえば近所でもっとも思慮ある人物であるとか、自分が動かしているグループのなかでもっとも親切であるとか、感じが、いいとか、理解がある人になりなさい。
(6)自分よりもなにか大きなものと関係をもつこと。クラブや組織に入ってこれを実行している人もいる。それも結構だ。教会と関係をもった場合には、神が住んで働いておられるグループに属しているというすばらしい感じが得られるであろう。
(7)他人と友情を交えること。深い友情を築きなさい。あなたと浅い友情を交えている人々は何百人かはいるであろう。だが、なんらかの関心について、深い友情を交えられる人々を、すくなくとも数人はもちなさい。そして、イエス・キリストがそのなかでももっとも親しい友人であることを忘れてはいけない。
ロバート・H・シューラー『積極的な考え方で成功する』
(産業能率大学出版部刊)より

バックナンバーはこちら HOME