2016年12月11日 望みの錨

 

神様のウィンク(お導き、励まし、慰め)

 過去にさかのぼって、転機となった出来事を思い起こそう。そのような時に、神は正しい方向へ導くため、まるでウィンクをされたかのような出来事を起こしておられることが多い。
(フィリピ1章3?4節 「(3) わたしは、あなたがたのことを思い起こす度に、わたしの神に感謝し、(4) あなたがた一同のために祈る度に、いつも喜びをもって祈っています。」)
◆突如、何かを相続したり、思いがけず遺産が入ったり、経済的に苦しんでいたときに、ちょうど必要な額が与えられたことはなかったか。どんな状況の時に突然の収入を得たかを分析しよう。
◆新しい人との出会いはなかっただろうか。人との出会いは転機をもたらす。新しい赤ちゃんが生まれたり、親友から強い影響があったりして、物事の見方が変わり、人生をより霊的に見られるようになった出来事はなかったか。
◆愛する人とは、いつどのようにして出会ったか。その人と出会う時に起こった偶然の出来事はないだろうか。素晴らしい相手と結婚できた、という人には、出会った時に、この相手こそ自分に与えられた人だ、と確信が持てるような、偶然性ある出来事が必ずある。別れが訪れた時はどうであったか。後から考えてみると、神さまからのウィンクだった、神さまが慰めて下さった出来事だった、と思えるようなことはないだろうか。
◆親しい者の死に直面し、死別によって新しい道を歩むことになっただろうか。
◆仕事から一時期離れたことはないだろうか。間違いなく進む道を変えることとなったであろう。その時、神さまからのウィンク(お導き)はなかっただろうか。
◆霊的に生まれ変わった体験はあるだろうか。それまでの、この世的な夢を追い求めることを止めたという体験はないだろうか。酒を飲むこと、タバコを吸うことを止めた体験はないだろうか。

バックナンバーはこちら HOME