2016年4月3日 望みの錨

 

どうすれば信じられるようになるか?

 どうすれば信じられるようになり、成功者となれるだろうか。まず第一に、信じようとしない心の姿勢を改める必要がある。否定的考えを排除する最良の道は、否定的な考えが起きたらすぐさま肯定的な考えと入れ替えるようにすることである。
 次の段階は……かりに最初のうちはそう信じていなくても……「自分は成功する」と自分に言い聞かせることである。自分はぜひこうなりたいとくり返し言い聞かせるうちに、それは意識下に植えこまれ、やがて自分がなりたいような人間になる手助けをしてくれる。
 第三段階は「自分は信じる」とくり返し口で言って確認することである。そうすることで、長年習慣化していた信じない姿勢のもたらす弊害がとり除かれるだろう。ものの考え方というものは、長い年月の間に養われるものである。毎日少なくとも25回「神は私を愛しておられる、神は私がベストを尽くすことを望んでおられる、神は私を導いてくださる≠ニ信じます」と大声で言おう。そうすれば、ものを信じない心にこの新しい力強い真理が浸透していくだろう。(詩編139:9〜10「(9)曙の翼を駆って海のかなたに行き着こうとも(10)あなたはそこにもいまし/御手をもってわたしを導き/右の御手をもってわたしをとらえてくださる。」)
 第四段階は冒険をする勇気をもつことである。不可能に思えたことが可能になり現実のものとなるまで、きっとそうなると信じるのだ。これが実現不可能に思えることを実現しやり遂げる秘訣である。
   N.V.ピール『生きるって素晴らしい』(ダイヤモンド社)より

                                            

バックナンバーはこちら HOME