2017年6月25日 望みの錨

結婚とは何か

  • 結婚とは、神さまからの賜物です。
  • 結婚とは、愛を学ぶところです。
  • 結婚とは、旅のようなものです。そこで多くの選択をし、その選択に従うところです。
  • 結婚とは、お互いの信頼のうえに築き上げられるものです。伴侶に理解できる言葉で話すことを、学ばなければなりません。
  • 結婚とは、過去に未解決の事柄によって、自分たちが認識する以上に影響され合うところです。
  • 結婚とは、仕えることを学ぶところです。
  • 結婚とは、友情を築き上げるところです。
  • 結婚とは、苦しみを経験するところです。
  • 結婚とは、きよめられる場所です。神さまが私たちに望んでおられるような者とされる良い機会です。
  • 結婚とは、単なるイベントではなく、生き方です。
  • 結婚とは、すべての領域で親密になることを意味しています。この親密さは霊的・知的・社会的・情緒的、そして肉体の領域にも及ぶものです。
  •  

    水野 健 『結婚を考えている二人のために』(いのちのことば社)より

    以下の五つの信条に基づいて行動するなら、結婚の神聖さを回復できる。

  1. 私たちは、最初に私たちを一緒にさせてくださったのは神であると信じる。
  2. 私たちは、一緒の生活を続けて行くのは、神のご計画の一部だと信じる。
  3. 私たちは、一緒にあかしできるものを持っていると信じる。
  4. 私たちは、ともにしている生活が犠牲的な性質なものであると信じる。
  5. 私たちは、キリスト教的結婚は、霊的な表現がなければならないと信じる。 このような信仰は、私たちの配偶者に対する関係を根本的に変えるはずである。

    デーヴィッド&クローディア・アープ『結婚生活のセカンドハーフ』(いのちのことば社)より

HOME